キングコング西野さんの「えんとつ町のプペル 光の絵本展」に行ってきました

時事

大阪府堺市にあるイオンモール堺鉄炮町で「えんとつ町のプペル 光の絵本展」が行われているということで、さっそく行ってきました。

入場は無料です。期間は4/28(金)~5/14(日)、時間は10:00~19:00。

 

絵本展の公式サイトはこちら
http://poupelle-hikaruehonten.com/

 

芸人の西野さんが絵本てどうなん?というのと、絵本展の費用をクラウドファンディングで集めて無料で開催するというので、半年くらい前に話題になってましたね。そのときは開催地が東京だったのであきらめてたんですが、大阪でもやってくれてうれしいです。

 

無料で開催することになったいきさつはこちら
CAMPFIRE|キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい!

 

「えんとつ町のプペル」という絵本はネットで無料公開されています。
Spotlight|大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野)

 

 

会場のイオンホール

3階にあるイオンホールでやってました。木箱が積んであったりして雰囲気でてます。

 

帽子をかぶって記念撮影ができるスポットがあります。

 

展示されている絵はすべて写真撮影OK。

 

プペル以外の絵本の展示

「えんとつ町のプペル」という作品は光る絵本として展示されてるんですが、そのほかの作品は白黒のパネルで展示されていました。

 

プペル以外にも発表してる作品があったなんて知らなかったです。こういう細い線で描かれた絵はすごい好きです。米津玄師さんの絵もこんな感じですよね。

 

ジップというキャラクターがかわいい。

 

光る絵本の展示

ここがプペルを展示しているところの入り口です。左に書かれているのは西野さんの言葉。

 

中はうす暗くなっています。暗闇に浮かぶ光る絵がとてもきれい。ナレーションとテーマソングが流れてて、雰囲気は映画館の予告編を見ているときのような感じ。

 

細かいところまで描き込まれています。絵の雰囲気と演出方法があってますよね。

 

ルビッチがプペルに「キミとはもう会わない!」と告げるシーン。この絵はこの一枚だけでさみしい感じが伝わってきます。

 

二人が泣いているこの絵がいちばん印象的でした。

 

展示されてる中でいちばん大きな絵。このままパズルにできそうですよね。難易度高めですけど。

 

グッズ

絵本やクリアファイルなどのグッズが売っていました。このランプのシェードもすごくオシャレ。

 

缶バッチのガチャガチャがありました。1回300円。欲しい気もするけど、つけるところがないんですよね。

 

コメント