金太郎こと坂田金時のお墓がある「満願寺」に紅葉を見に行ってきました【川西市】

寺社

兵庫県川西市にある満願寺に行ってきました。

 

満願寺は日光を開山したことで知られる勝道(しょうどう)上人が、聖武天皇の勅願により奈良時代に建立しました。

室町時代には一度焼失していますがその後再建されています。ご本尊は千手観音。

 

 

駐車場は広く、20台くらいは停められそうです。
dsc02494

 

仁王門に続く石階段。ここの景観も素晴らしいですね。
dsc02426

 

階段の右手にある紅葉。まずはこの紅葉に目を引かれます。
dsc02427

 

仁王門なんですが珍しい形をしていますよね。どことなく中国のお寺っぽいです。門の先に浮かび上がるように見える参道が印象的。
dsc02429

 

鎌倉時代に造られた金剛力士像の「あ」の方。目がぱっちりしています。
dsc02430

 

「うん」の方。悩まし気な顔をしています。
dsc02431

 

仁王門の上のほうにいる龍も中国っぽいですよね。ドラゴンボールのシェンロンみたい。
dsc02432

 

参道におおいかぶさるような紅葉。なぜこんなに参道の方にせり出しているのか不思議ですが、そのおかげで紅葉のトンネルのようになっています。
dsc02436

 

ものすごく紅い紅葉がありました。まさに燃えるよう。
dsc02435

 

石畳に紅葉、これぞ日本の秋といった感じです。上のもみじは真っ赤ですね。
dsc02438

 

毎年11月末にはこの道がライトアップされます。僕が行ったのは11月12日(2016年)でライトアップまで10日以上ありましたが、すでに紅葉はベストな感じでした。
dsc02442

 

満願寺の本坊。庭園があるみたいですが見学はできない模様。
dsc02443

 

ここで入山料100円を納めます。
dsc02486

 

境内には金時茶屋というカフェがあり、土日祝の10時から16時まで開いています。ひと息つくのにいいですね。
dsc02447

 

鐘楼。突いてみたくなります。
dsc02448

 

胡桃沢源人(くるみさわげんじん)と融紅鸞(とおるこうらん)が夫婦でここに疎開していた縁で造られた碑。胡桃沢源人は明治生まれの画家で、大阪で活躍していました。
dsc02449

 

子安地蔵尊。
dsc02451

 

不動明王像。手前にある柄杓で水をかけるようになっています。
dsc02452

 

観音堂。平安時代に作られたご本尊の千手観音像があり、天井には睨み龍が描かれています。春の彼岸(春分の日の前後三日間)に一般公開されています。
dsc02454

 

手水鉢。船の形になっていますね。
dsc02458

 

金堂。1559年に建てられました。このときは行くのが遅かったので閉まっていました。16時30分まで拝観することができます。拝観料300円。聖観音菩薩像や十一面観音像があります。
dsc02459

 

弘法大師像。ここにある紅葉が真っ赤でした。
dsc02460

 

九重の石塔。国の重要文化財に指定されています。1293年に造られました。
dsc02463

 

源家の七塔。
dsc02465

 

納経所。16時半までです。
dsc02468

 

毘沙門堂。満中作の毘沙門天があります。
dsc02469

 

毘沙門堂の瓦当。可愛かったので撮りました。
dsc02470

 

八幡宮。
dsc02471

 

お稲荷さん。
dsc02472

 

坂田金時の墓。金時の息子の坂田金平はきんぴらごぼうの語源になったらしいです。
dsc02475

 

金時の兜石。
dsc02476

 

お茶を飲みながらたたずむお地蔵さん。テーブルのように見えるのは井戸で、その井戸を見守っているそうです。
dsc02480

 

 

満願寺

拝観時間参拝随時(金堂や納経所は9:00~16:30)
拝観料入山料100円(金堂300円)
住所兵庫県川西市満願寺町7-1
連絡先0727-59-2452
駐車場約20台 無料
アクセス

阪急宝塚線「雲雀丘花屋敷駅」からバスに乗車、「満願寺」で下車して徒歩4分

コメント