Quick Charge 3.0とQuick Charge 2.0で充電速度の違いは?Xperia X Compact (SO-02J)で計測してみた

レビュー

買い換えたXperia X CompactがQuick Charge 3.0に対応していたので、充電器を買って実際に充電速度を測定してみました。0%から80%までを35分で充電できるというので楽しみにしてたんですが、そこまで早くはなかったです。ついでにQuick Charge 2.0でも計測して比べてみました。

Quick Charge 3.0で計測

アマゾンで評価が高かったTronsmartの充電器と付属のケーブル、TronsmartのType C変換アダプタを使用して2回計測しました。

 

1回目

電池残量積算時間
20%0
50%25分
80%60分
90%81分
100%116分

1回目はこんな感じ。20%から80%まではだいたい1分間に1%くらいですね。期待していたほどではないにしても十分早いです。電池の寿命を延ばすために70%を超えたあたりから充電速度は遅くなります。

 

2回目

電池残量積算時間
20%0分
50%25分
80%61分
90%82分
100%120分

2回目もだいたい同じでした。満充電になるまでは時間がかかりますが、この機種は80%もあれば一日は持つと思います。一回の充電時間の目安は1時間くらいといったところ。

HTCの端末などではもっと早く充電できるみたいです。同じQuick Charge 3.0対応といっても端末やメーカーで差があるんですね。

 

Quick Charge 2.0で計測

ELECOMのQuick Charge 2.0対応充電器で計測しました。

電池残量積算時間
20%0
50%24分
80%61分
90%86分
100%125分

3.0とほとんど変わらないですね。端末側の設定なのか、充電器のせいなのか、はたまたケーブルのせいなのか、そもそもこんなもんなのか。充電が早いのはいいけど2000円払ったかいがなかったのでちょっと残念。

 

2Aの充電器で計測

Quick Chargeに対応していない普通の2Aの充電器でも計ってみました。

電池残量積算時間
20%0
50%35分
80%77分
90%103分
100%135分

さすがに差がでましたね。とはいえQuick Chargeと比べて劇的に遅いということもなく、2Aくらいの充電器をもっているならQuick Charge対応のものを買うメリットはあまりないかもしれません。

 

補足:Quick Chargeではケーブルに注意

Quick Chargeの充電器で、端子が両方Cタイプ かつ USB 3.1のケーブルを使用するとケーブルが破損してしまうことがあるようです。ケーブルを買うときは注意しましょう。

コメント