おいしい湧き水と手作りこんにゃくで知られる「行者湧水直売所」に行ってきました【河内長野】

名所

「行者湧水直売所」は国道310号線沿いの、河内長野市と五條市の中間あたりにあります。

 

近くには行者杉という巨大な杉の木が密集しているところがあります。ちょうど大阪と奈良と和歌山の3府県が交わるところで、数百年前に行者が植樹をしたものだそうです。

 

道路から見えるところに大きな看板があります。

 

周りは森におおわれています。お店どころか民家もありません。杉がいっぱいで花粉症の僕にはある意味地獄のようなところでした。写真を見てるだけでかゆくなりそう。

 

駐車場は15台くらいとめられます。

 

水汲み場。重たい水を運ばなくてもいいように、車を直付けできるようになっています。

 

そこそこの水量があります。湧き水なのでたまに弱くなったりもしていました。水をくむ場合は受付で500円を払います。1回500円だから一度にたくさんくむとお得ですね。逆にペットボトル1本とかだと高くついてしまいます。

 

営業時間は7:00から17:00まで。土日は混むみたいです。

 

売店が併設されています。

 

漬物や地元の野菜などが売られていました。夕方だとほとんど売り切れているので、野菜を買うなら午前中がいいですね。うみたて卵、ふきの佃煮などもあります。

 

肥料も売られています。

 

休憩所もありました。

 

この日は4月はじめにもかかわらず雪が降るほどさむくて、ストーブに火がついていました。このあたりは冬場は雪が積もります。交通量もそんなに多くないので、スタッドレスタイヤかチェーンがあったほうがいいですね。

 

売店で買ったコーヒー。150円でお菓子もついてきます。行者湧水をつかっていて、口当たりがやわらかかったです。

 

名物の手作りこんにゃくが売られているのは土日のみ。めちゃくちゃおいしいそうなので、これ目当てで行くのもありですね。一回食べてみたいなぁ。

 

 

行者湧水直売所

時間7:00~17:00
定休日火曜日
料金1回500円
住所大阪府河内長野市石見川8-2
連絡先0721-60-5551
駐車場約15台  無料

コメント