釣り人を手ぶらでは帰らせないとウワサの「加太港」に釣りに行ってきました

名所

和歌山市にある加太(かだ)港に行って釣りをしてきました。淡嶋神社のすぐとなりです。

 

参考:人形供養やひな流しで知られる「淡嶋神社」に行ってきました

 

釣り場の案内サイトでは「まずボウズはない」と赤字で書かれています。

これは期待せずにはいられない。

 

 

駐車場からは鬼の洗濯岩のような地形が見られました。見晴らしもよくて景観が素晴らしいです。駐車料金は一日700円。値上がりしたのかな。トイレもありますよ。

 

釣り場に向かいます。駐車場から管理人さんがいるといころまで300mほど。

 

うしろに見えるのは淡嶋神社の鳥居。

 

このコンテナのところに管理人さんがいて、清掃協力金として200円払います。

 

かたわらでは海苔の天日干しをしていました。近くには海苔屋さんが数件あるみたいです。海苔が有名なのかな。

 

コンテナから波止の先端までは350mくらい。そこそこ歩くので、釣り具を忘れたりすると取りに帰るのがめんどくさいです。

 

波止の先端は足場もよくて、ごみ箱もあります。まさに釣りをするための場所という感じですね。

 

海面までは5mくらい。コンクリートには海面の高さのところらへんに昆布がいっぱい生えていて、針をひっかけて5分ほど格闘しました。

 

港側。向かいの広場にも釣りをしている人が見えます。

 

浅いところは底が見えてとてもキレイです。青のような緑のような、なんともいえない色。写真の右の方に昆布が見えます。

 

大海原に向って竿をふるのは気持ちがいいですね。手前のガイドリングが右にずれてるのがすごく気になる・・・。

 

鳥が近くに飛んできました。海を見るふりをしてこっちを見ている感じ。

 

首を伸ばすとめっちゃ長いんですね。一回つかんでみたい。

 

夕方になるととんびが飛んでました。ぴーひょろろっていう鳴き声がここちいい。

 

夕日がすごくきれいでした。ぼーっとみてるだけでも飽きないです。

 

釣果はまめサバ15匹。ボウズではないけどリベンジしたいですね。おいしくいただきました。

 

今回はAmazonで買った468円のリールを持っていきました。ちょい投げとサビキ釣りをしたんですが、なんの問題もなかったです。安いけどバリもないし、予備に買っとくのもいいかも。

 

今見たら1000円とかになってました。けっこう値段の変動があるみたいですね。

 

 

コメント