風鈴の音色で厄払いができるお寺「おふさ観音」に行ってきました【橿原市】

寺社

 

奈良県橿原市にある「おふさ観音」に行ってきました。

ここでは毎年7月1日から8月31日まで風鈴祭りが開催されています。

鐘の音が厄を払うという仏教の思想があり、それにならって風鈴の音色で厄を払おうということで2000個もの風鈴が飾られているそうです。

また、初夏(5/15~6/30)と秋(10/19~11/30)にはバラまつりが開催され、1500種類のバラが楽しめます。

 

 

クルマで行く場合は国道から入ってすぐのところとお寺のそばに駐車場があります。お寺の前の道はせまいので、国道のちかくの駐車場に停めて歩いていくのがおすすめ。

 

おふさ観音は住宅街のなかにあります。地元に根差したお寺といった感じ。このあたりから風鈴の音が聞こえてきました。

 

境内に入ると数えきれないくらいの風鈴と緑に圧倒されました。緑はほとんどがバラです。真夏にもかかわらず咲いてるものもちらほら。

 

風にそよぐ姿と音色ですこし暑さがまぎれるような気がします。

 

本堂の天井はカラフルな短冊で彩られていました。一枚300円で願い事を書くことができるようになってます。

 

生き人形が特別公開されていたので拝観しました。しわの感じとか表情がめっちゃリアル。本堂のなかをぐるっと回ることができて、ご本尊の十一面観音像なども見ることができます。

 

ちょっとめずらしいおみくじ。招き猫の方は色とか手の上げ方でご利益が変わってくるようです。

 

境内の奥には茶房「おふさ」があります。ラインナップは飲み物やうどん、カレーなどの軽食、かき氷など。不定休で10時~16時まで。たくさんの方が休憩されていました。

 

クーラーはなくても風が通るから涼しく感じます。庭を眺めながらゆったり過ごすことができますよ。風鈴があるとはいえ暑いものは暑いということで、抹茶のかき氷をいただきました。

 

 

おふさ観音

拝観時間7~17時
拝観料無料
住所奈良県橿原市小房6-22
連絡先0744-22-2212
駐車場4か所計30台 無料
アクセスJR「畝傍駅」から徒歩10分
近鉄「大和八木駅」でバスに乗車、「小房」で下車し徒歩5分
近鉄「橿原神宮前駅」でバスに乗車、「小房」で下車し徒歩5分

コメント