世界のカップヌードル総選挙で1位を獲得した「カップヌードル 香辣海鮮味」を食べてみました

食べ物

カップヌードル誕生45周年を記念して開催された世界のカップヌードル総選挙で、11の国と地域から選ばれた20品の中から1位に輝いたのが「カップヌードル 香辣海鮮味」。

 

香辣海鮮味の読み方はわからないんですが、中国語でスパイシーシーフード味という意味らしいです。

世界1位って聞くと食べたくなりますよね。スーパーで130円で売っていました。

 

パッケージはミントブルー。日本で食品に使われることってあんまりないですよね。このあたりで海外っぽさを感じます。

 

香港代表ってだけでなんか美味しそう。辛口が炎に包まれていて、めちゃくちゃ辛い印象を受けます。

 

世界のカップヌードル総選挙1位のロゴ。2位とか3位はなんだったのか気になります。

 

ビッグサイズを発売して好評を得たから、レギュラーサイズでも発売という流れ。これは美味しいに違いない。

 

ふたを開けるとこんな感じ。イカが目立ちますね。ほかにはコーン、卵、ねぎ、キャベツ、パプリカが入っています。

 

お湯を入れて3分待ちます。今までの人生で何回この3分を過ごしてきたんだろうか、とか思っているうちに出来上がり。

 

ふたを開けるとナンプラーみたいな香りが漂ってきました。

 

味はシーフードのカップラーメンに辛みを足したような感じ。一口目でのどの奥の方に少しピリピリした刺激を感じました。とはいえ、そこまでの辛さではなく、万人受けするくらいの辛さでキャベツの甘みが引き立っています。魚介のうまみと辛さが程よくマッチしているんですが、世界1位というほどのインパクトはないですね。普通にうまい、というのが素直な感想です。僕はトムヤムクンヌードルの方が好きかな。

関連記事:本場タイの辛さとすっぱさを再現している「日清カップヌードル トムヤムクンヌードル」を食べてみた

コメント